手芸してる趣味ブログも見てね!

水虫の治し方

水虫はかゆい。

我慢できないほどかゆい。

水虫ができるとサンダルが履けない。

いや、履いてもいいが他人に水虫であることがバレる。

 

それはいやだ。水虫持ちだなんて思われたくない。

早く治したい。

 

というわけで、今日は初期の水虫の治し方をレクチャーします。
(笹軍団の処理に3日ほどかかってしまい、汚庭の進展が見られないため)

 

私は夏になるとたまに水虫になります。

水虫になると突然ものすごい痒みに襲われ、いてもたってもいられません。

でもこれをするだけで痒みが一瞬で止まります。

【用意するもの】

  • ロウソク
  • ライター
  • 新聞紙
  • ティッシュ
【やりかた】

  1. 広げた新聞紙の上に足をおき、ロウソクに火をつけ、患部にロウだらだらボトボト垂らす
  2. 1分くらい放置して冷めたらティッシュでこそげ落とす
これだけです。

距離は近からず遠からずがいいです。15㎝くらいでしょうか。

あちあちっ!って言えるくらい。

近すぎると熱すぎて悶絶します。それが気持ち良いという人はただの変態です。

慣れないうちは20㎝くらい離してみた方がいいかもしれません。

 

水虫の原因となる白癬菌は熱に弱いらしく、表面にいる白癬菌はこれで死んでしまうそうです。

白癬菌は角質層に入ってしまうと、熱さが届かないので死滅しませんが、痒いという初期の症状がでてるうちに熱いロウを垂らせば、白癬菌は死ぬんだそうです。

1日1回やっただけで痒みが止まってしまうので、あら、もう痒くないわ、治っちゃったかしら?と思っても、3日間くらいは続けた方がいいです。

私はその程度で治ります。

痒い!と思ったら、その都度してもいいと思います。

実家にいる弟はメンズのため、夏になると水虫になる頻度が高いのですが、やはりロウをダラダラ垂らして対処しているようです。

そのせいかひどい水虫にもならず、皮もむけていないようです。

なによりも痒みが止まるのがありがたいです。

そんなわけで、突然足がかゆくなったら(よく見ると水泡らしきものがあるので)お仏壇からロウソク持ってやってみてください。

それでも治らない方は皮膚科へ郷!

くれぐれも火傷にはお気を付けください。

ダウンロード (1)

ではまた。