手芸してる趣味ブログも見てね!

汚庭の草刈り 1日目

早速庭に出る。

時刻は午後4時半。

陽当たりの良い庭に日陰ができている。

日陰なら日焼け止めクリーム塗らなくていいかもしれない。

久しぶりに持つツルハシだ。

友よ、ヨイトマケの唄を歌おうではないか。

 

痒い。

まだ1分くらいしか外にいないのにすでに痒い。

どうやら蚊に刺されてしまったようだ。

そういえば軽装で出てしまった。

デニムはお約束のすそクルクルだしTシャツからは腕が出ている。

すそクルクルははずせない。流行の最先端だからだ。

 

なぜ長袖長ズボンに着替えないのだ。

面倒くさかったからだ。

これも神が与えた試練だと思い痒みを我慢してツルハシをにぎる。

心頭も滅却してみる。

だが日ごろの鍛錬が甘いせいか滅却できない。

 

無理だ。

もう我慢できない。

なんだかんだ10分くらいは草刈りした。

もういいや。

急いで部屋に戻る。

 

痒ぃぃぃぃぃぃ~~~と掻きむしる。

ムヒを探すが見つからない。

痒みを止めるには・・と早速ぐぐる。

酢を塗ってみろ!

塩を塗りこめ!

氷で冷やせ!

とあったのでやってみた。

でも酢も痒い。

塩も痒い。

氷(保冷剤)だけが痒みを忘れさせてくれる。

というか冷たすぎて痛い。

痒みを痛さに変えているだけなような気がする。

 

数えてみたら8か所も刺されていた。

蚊は皮膚を刺した後、唾液を麻酔薬として注入するらしい。

その唾液が痒いんだそうだ。

麻酔薬注入は約15秒で終わり、それからチウチウ吸い、吸い終わると唾液も回収して飛ぶのだそうだ。

だから蚊に刺されたら、じーっと見つめていて、フラフラと飛び立ってから、バチンと殺すのが一番痒くないらしい。

でも刺されているのをずっと見ていることなんてできない。

私はどっちかっていうとSなのだ。

ビフォー
IMG_0838_

アフター

IMG_0847_

10分しか刈れなかったのでこの程度。

明日からは重装備でがんばろう。