手芸してる趣味ブログも見てね!

蛾の幼虫が大量発生(;´༎ຶД༎ຶ`)してしまった

1週間くらいまえ、テレビの後ろに掃除機をかけていたら、1㎝くらいの芋虫のようなウジ虫のような蚕のような白いものがモゾモゾうごめいていました。

私は毛虫とか芋虫系がかなり苦手ですが、ガーデニング(草むしりばかりですが)をしていると、ゲジゲジ・ムカデ・芋虫・ナメクジなどがオンパレードなので、いやんキモイみかちゃん虫嫌いなどと言っていたら庭もキレイならないので、まあ、それらの軟体動物系には、あるていど免疫はあります。

とりあえずその芋虫を掃除機で吸ったら、そのあたりにまた2匹発見しました。

なぜテレビの後ろに3匹いるんだろう、ウジがわいたんだろうか・・・とあたりを探すも食べ物もないし、埃はあるけど、虫がわくようなものは置いてないし・・・。

IMG_2630_サイズ変更

もしかして、天井から落ちてきたのかなと上を見ても、とくに変わったところもないし。

旦那に話しても、

毛虫だって存在する意義がある。特に気にすることはない。

などと仏教徒みたいなことを言うだけなので、その日にディナーに呼ばれたおうちのマダムに相談してみました。

そしたら「それはたぶんミット(蛾)の幼虫だと思うわ。防虫剤をおかなきゃだめよ」と言う。

この仏語でMitesと呼ばれる蛾は、フランスではとてもメジャーな害虫で、衣類を食べたり、食品(小麦粉とか米)を食べるので、出現しそうな場所には防虫剤をおくようにしています。

蛾の姿が見えないからといって油断してはなりません。

食品の保管してある場所に、こんな風に貼っておくと、蛾がよく張り付いています。

蛾とり紙

これはまだ貼ったばかりなのでキレイだけど、1か月で10匹くらいはくっついています。

フランスの窓には日本のように網戸というものがないので、窓を開けていれば、いろんな虫が入り込んできます。

で、一昨日の夜、旦那の友人が夕飯を食べに来るというので、再びテレビ周りを掃除していたら、また芋虫が3匹いました。

これはもう、絶対、どこかで孵化してるのでちがいないと、探し始めたら・・・。

 

IMG_1644

テレビの下は戸棚になっていて、普段は使わないものが入っています。

近いうちここも断捨離して片づけようと思っているんですが、右の戸棚にお客様用のグラスが置いてあります。

その上にキッチンクロスが5~6枚置いてあるんですが、それを取り出して開いてみてら凍り付きました。

(;´༎ຶД༎ຶ`)

真ん中の折れてある部分にびっしりと芋虫がくっついています。

10匹以上はいましたね。

卵らしいものも繭っぽいのもくっついていて、ボクサーさんのゴキコ(笑)のように、がアコと名前をつけてブログに画像を貼ろうかと一瞬、考えました。

がアコではインパクトがないので芋子とかウジコとか呼び名を考えていましたが、そんな気味の悪い画像は自分でも見たくないですよ。

恐る恐る他のキッチンクロスも広げてみると、やはり折れ線のところにびっしりとくっついている芋虫・・・。

(;´༎ຶД༎ຶ`)

折れ線のところは輪になっているので、卵を産みやすいんでしょうかね。

クロスは全部捨てました。

それにしても、気味が悪い。

早速スーパーで防虫剤をいっぱい買ってきて、あちこちに置いたり貼ったり。

 

話は変わりますが、昔読んだ「芋虫」という小説を思いだしました。

江戸川乱歩の小説で、戦争の悲惨さが描かれていて、人間の欲望やエゴ・醜さがあからさまで、読後感がとてもいや~な気分になる珍しい小説です。

でも昭和4年に発表された時代背景を考えると、日露戦争で勝ち、軍備を拡張して満州事変が起こるまでの間に、よくこういった小説が発表されたなあ・・・と、感動したのを覚えています。

何年か前に寺島しのぶ主演で映画化(キャタピラー)されて、映画もまあ悪くはなかったけど、原作の方が圧倒的な陰湿さがあります。

もう一度読もうと思って、本棚を探したけど見当たらず。

本は誰かに貸すと、なかなか戻ってきませんね。

とにもかくにも、虫が発生するのだけは阻止しなくてはね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA